セックスで本命の不倫相手に「する事」と「しない事」

💋Love&Sex

本命の不倫相手・・・という言い方も変ではありますが、男が考える不倫相手というのは「本命」と「遊び」とで違いはあるように感じます。

男が既婚者でありながら配偶者以外の女性と継続して不貞行為を行うことが「不倫の定義」とするならば、そのリスクを理解しつつも出来る限り関係を長く続けていきたいという相手の事を「本命の不倫相手」だと私は思います。

 

どうしてできる限り長く続けたいか?というと、お相手さんとの肉体関係が重要なポジションにあると感じます。そこで、必ず男はずっとこの関係を続けたいと思う相手にはエッチの時に「する事」と「しない事」があります。

あくまで個人的な見解ではありますので全ての男性がそうではないと思いますが、不倫だとしてもお相手さんが本気で自分の事を想ってくれているのか?そうではなくただの遊びなのか?を判断する一つの材料だと思ってもらえたら幸いです。

 

本命の不倫相手にはキスをたくさんするのか?

お相手さんがなかなか言葉で気持ちを伝えない男性の場合は、お相手さんのキスというのは女性が最も愛情を感じる行為だと思います。

キスと一言でいっても、キスの要素には様々なものがあります。キスの回数は多ければ多いほど愛情が深いのか。時間は長ければ長いほど良いのか。また、ソフトなものよりもディープなもののほうが本気度が高いのか・・・。

「本命の相手じゃないとディープキスはできない。」それもありますし、「遊びの相手だから欲望全開で激しいキスをする。」それもあると思います。

また「本命の相手だからこそ優しくキスをしたい。」それもあると思いますし、「遊びのキスはソフトな感じ。」それもあると思います。

キスのやり方や激しさは、本気でも遊びでも個人差があるように思います。ただ、時間の長さに関しては本気で好きな相手とは出来る限り長くしていたいとは感じますが

本気で好きな相手とはいっても「本命の不倫相手」かどうかは別のものだと私は思います。

 

本命の不倫相手には前戯が長いのか?

時間をかけてたっぷり前戯をしてくれるお相手さんなら、大切に想ってくれていると考えても大丈夫そうですね。

遊び相手には前戯の時間はそこそこに、「本気で好きな相手こそもっと気持ちよくなって欲しい。」それもあると思います。また女性器を〇めるという行為についても、女性側からすれば「本気で好きな相手じゃないとそんな所は〇めれないでしょ」と思われる方もいると思います。

ですが、遊びの相手であっても責めるのが好きな男性ならば「もっとたっぷり前戯がしたい」と思うでしょうし、本気で好きなお相手さんだったとしても付き合いが長ければ前戯もそこそこに素直に「すぐにしたい」と言う場合もあると思います。

ですので、前戯の長さや内容に関してもお相手さんのセックスの好みの問題があります。

 

一概には言えませんが、本気で好きな相手には前戯の長さや内容は濃いほうが相手の本気度は高いところもありますが、やはり「本命の不倫相手」かどうかは別のものだと私は思います。

 

口に出さないまでも、不倫の恋愛にはいつ終わりになるのか分からない不安が少なからず付きまとうものです。それはもちろんお相手さんも同様に感じているものです。

冒頭に申し上げました、リスクを理解しつつも関係を長く続けていきたいという相手が「本命の不倫相手」だとするならば、そこでお相手さんが考えるのはどこまで次にもまたその次にも繋げたいと思うかだと感じます。

 

キスにしても前戯にしても、激しかったとしても優しかったとしても、やり方はどうあれ男は自分の欲求を満たす行為である事に変わりはありません。

どれだけ忙しい中で自分のために時間を作ってくれたとしても、その短い時間の中でお相手さんと「エッチ抜きで会う割合」というのは少ないかもしれません。

ですが、もし欲望を満たす相手が「遊びの不倫相手」という言い方だとしても、男は本気で好きだという気持ちはあると思います。

 

本命の不倫相手には後戯が長いのか?

男はエッチが終わって自分の欲求が満たされた後には、一気に欲望から解放される「賢者タイム」が訪れます。不倫の場合は、そこでふと家族の顔が浮かんだり、冷静になって罪悪感が頭をよぎることもあります。

エッチの後戯と呼ばれるなかには、腕枕であったり、優しく頭を撫でてくれたり、終わってからの優しい会話だったりあると思います。では本気で好きな相手じゃないと後戯はしないか?というとそんなこともないと思います。

遊びの相手であっても、腕枕をする男性はするでしょう。頭も撫でる人もいると思います。

 

ただ、後戯にかける時間というものは、本命の不倫相手と思う女性には出来る限り長くしていたいと感じます。

要は、自分の欲求を満たすだけではなく、お相手さんに愛情を伝えたい気持ちがあるかどうかというのが、次にもまた会いたい、不倫関係を長く続けたいという行動の表れだと個人的には思います。

 

「そんなことで本命かどうかなんて決めつける事はできない!」「会えない時でもLINEだって電話だって毎日してくれる!」

もちろんそうだとも思いますし、それはその人それぞれの価値観の違いだと感じます。

でも私の場合は、そうやって好きな人には自分の気持ちが伝わってほしいと、いつまでも側にいてほしいと思っていました。

 

ただ、もし自分が本命の不倫相手だったとしても、そうでなかったとしても、お相手さんの事が本気で好きならそれで良いのだと思います。

お相手さんが割り切ってるなら自分も割り切らなくちゃいけないとか、そんな事を考える必要も、自分が本命の不倫相手かなんて考える必要もないのだと思いませんか?

キスも、前戯も、後戯も、その瞬間の価値観こそ大切なものだと感じます。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。